ワンルームの趣味人

お金と心理と音楽について。たまに趣味も

1人旅に出た。中国地方編④

前回の続き。

www.tatamioneroom.com

 

同日。

厳島神社を後にして竹原市へ向かう。いや~しかし、広島市の渋滞がすごかった。

いつもあんなに渋滞してるのかな?渋滞がすごく嫌いなので高速に乗ろうと思っても高速も渋滞なので諦めた。

 

竹原に到着して改めて気付いたのですがやっぱり初めて歩く町は些細な事でも知らないことが多いので知的好奇心がどんどん出て楽しいですね。

f:id:titantatami:20201003213920j:plain

例えば、竹原は安芸の小京都と呼ばれてたり(一般的に小京都って呼ばれている場所はなんとなく雰囲気が似てる。金沢の東茶屋街や富山の八尾、飛騨高山の古い町並みだったりとか)意外にも昔は製塩業で盛んだったり(能登の塩作りとは違った方法で作られてた)朝ドラで有名なマッサン及び日本ウイスキーの父、竹鶴政孝の故郷だったり(そういえば祖母が朝ドラ見てたなーとか)こうやって自分の持っている知識と照らし合わせて新たな知識を得ていくのが面白いです。

f:id:titantatami:20201003214306j:plain

観光地だけど生活感が残ってて親しみやすいですね。

f:id:titantatami:20201003214040j:plain

竹原から尾道へ行き、とあるパン屋へ行きたかったのですが車を停める駐車場すらないほどの交通量で今回は諦めてこのまま帰ろうかと思ったのですが散歩気分のせいでしまなみ海道へ。久しぶりに通ったけど「橋でけぇ~」って言いながら来島海峡SAで休憩。

愛媛でラーメン食べるのは2回目ですが愛媛のラーメンって出汁がめちゃくちゃ美味しい気がします。

f:id:titantatami:20201003214808j:plain

 

今治の港町でボーっとしてたら考えたいことが無くなったことに気付き、そのことに満足したので帰ろうと思いました。犬とも一期一会です。

f:id:titantatami:20201003215318j:plain

f:id:titantatami:20201003215313j:plain

1人旅は考えることが楽しかったので、次回は遊びにきたいですね。終わり。

なぜ、旅をするのか?

こんにちは。

1人旅の記事を書いている最中ですが、なぜ旅をするのか考えてみました。

これについては1人旅中に考えてた事で、まぁ自分のメモ書き程度の話なので面白くはないです。ちなみに1人旅の理由はこちらに書きましたが今回は”自分にとって旅とは?”の話です。

www.tatamioneroom.com

 

 まず、大事なことなのでしっかりと前提の話をしていきますが僕は基本的に”旅”と”遊び”を分けて考えています。人によってはこの部分を一緒にされる方もいるので”僕は分けて考えている”ということを知ってもらうのは齟齬を生まないためにも重要な部分だと思います。

それで簡単に分けますと”遊びは遊び”と割り切ることで遊ぶ気持ちに持っていき、”旅は自分を知る”と分けてしまうことで色んな物事を捉えようという姿勢が出来上がるのかなぁなんて思います。

要するに、”旅とは自分を知る行為”と捉えています。だから旅=人生なんて言われているのかなぁって気もします。もちろん、遊びから自分を知ることが出来ればそれも人生だと思うので遊んだあと、自分はどう感じたのか?と振り返ってみると感情を知る良いきっかけになるのかな?まぁこの辺は難しく考えず、人によっては“自分を知る行為なら全部を旅にしてもいいかなぁ”ぐらいでいい気がします。

 

1人旅中に考えたメモ書きを。

では、なぜ旅をするのか?

  • 知的好奇心。→自分は何に好奇心が動くのか?
    「食べ物」「建造物・自然物」「その土地ならではの生活感」「運転してて気持ちのいい道」

自分の感情を動かすものをその都度メモってジャンル分けしておくと自分を知るのが楽になります。なので、ちょっとした買い物ですらメモとペンは必ず持ち歩くようにしています。もちろん、興味を持ったことなら新しい事にもどんどん挑戦していくので感情探しは良いことです。

  • どうせ生きる意味がないのなら自分の人生楽しんだ方がいいと割り切ってしまったので自分が楽しいと思うことする、僕にとっての楽しいことが旅(自分を知ること)だった。

僕はノーベル賞を取れる人間でもないので後世に貢献できる人間か?と言われたら出来ないって即答できます。じゃあ、何で生きてるの?って問われれば、特に意味はないし、悲しむために生きてるという回答はちょっとつらいので、行き着く先がこの世から居なくなるなら楽しむために生きても変わらんなぁ~という達観です。(笑)

  • 経験を積むことは自分の記憶力と知識向上に繋がる。自分が知らないことを知ることで自分が今もっている知識と新しい知識が結びついて思考力が上がると理解している。そして知らないことを埋めるということは自分がやりたいことを見つけることに繋がる。

何言ってるんだ?と思いますが自分が1人旅中に書いたメモ帳をそのまま書き移しました(笑)つまり、新しい経験を積むということは関連する知識同士が結び付くので記憶力と思考力が向上する。それと自分の知らない知識を埋めるということは自分が本当にやりたいことが見つかるよね!という話です。なぜ記憶力と思考力があがるのかについては脳科学の話になってくるので今回はスルーで。

 

こんなところかな?

昔の僕はそうだったのですが「旅をするのに理由なんているのか?旅は感じるものだぜ!」と旅を受身で考える人もいると思います。今では自分に何も残らないまま時間が過ぎるぐらいなら、なにか1つでも理由を用意しておいた方が何か見つかるかもしれないと考え、曖昧なものですら掴み行くぐらいが意味が生まれてちょうどいいのかな?って気もします。

最後に僕にとっての旅の本質は自分を知る行為です。

昔はバイクで旅をすることに憧れていたけど自分がこの本質さえ意識しておけば車や徒歩,言語が通じない海外でも楽しめると気付きました。旅の本質さえ忘れなければ、その時自分が求めた手段の何を使っても本質は揺るがないですよね。終わり。

1人旅に出た。中国地方編③

旅の続き。
www.tatamioneroom.com

 

9/21

山口県にある錦帯橋へ向かう道中に分かったことがありました。

「広島市内、めっちゃ都会や....」

乗り物は好きなんですが、車通りが多いところがあまり好きではないのでビクビクしながら運転しました。たぶん、慣れなんでしょうね。(決して金沢が田舎だと言ってるわけではナイデスヨ)

ということもあって厳島神社は混むんだろうなと思い、宮島駅から隣にある前空駅付近のホテル?の駐車場が1日300円で利用できると知り、そこで朝を待ち6時過ぎに散歩しながら旅の目的地である厳島神社へ向かうことにしました。瀬戸内海いいですよね。

f:id:titantatami:20200924141122j:plain

歩きながら「牡蠣小屋がいっぱいあるなー」と気付き、つまり広島の牡蠣はここら辺で獲ってるのかと思いながら宮島フェリー乗り場に到着。往復料金360円って安い。

f:id:titantatami:20200924141346j:plain

フェリーの展望から離れていく港を眺める。風がすごく気持ちいい!f:id:titantatami:20200924141628j:plain

自分の無知さが恥ずかしいのですが”あき”の宮島ってよく聞きますよね?廿日市と書いて”あき”市と呼ぶのかぁ~と思ったら”廿日市”(はつかいち)市だった...皆さん、正しくは安芸の宮島でした。あれ?なんで安芸なんだ?と思ったので調べてみたら、昔は広島は安芸国と呼ばれてたそうなので名残ってやつですね。

フェリーを降り厳島神社へ向かいます。早朝なので人が少なく歩きやすいです!

 

厳島神社に到着して干潮だ!と分かった瞬間すぐに鳥居近くまで降りました。

大改修中なので鳥居は見れないですけど、そこはほら脳内再生で。

f:id:titantatami:20201002211142j:plain

f:id:titantatami:20201002212134j:plain

一通り見てまわり帰りのフェリーで厳島神社に来た理由を思い出していました。

生前、入退院を繰り返してた祖母に「落ち着いたらどこか行きたいところある?」と聞き「厳島神社に行ってみたい。」と言っていた言葉が胸に引っ掛かりを覚え目的地にしました。連れて行ってあげられなかったという”後悔から今を大切にしよう!”という指針に繋がります。単に”今を大切にする”では漠然としているので自分が大切だと思うものを知る。そのために設定した3つのルールは守っていきたいですね。(自分が大切にしなければいけないことなのに自分が大切だと思うものを知らなくて、いざというときに選択に迷い後悔するのは嫌ですよね!祖母の為に厳島神社で撮った写真を飾ろうと思います。)

f:id:titantatami:20201002210809j:plain

 

www.youtube.com

 

もみじ饅頭をたべてフェリーを降り次に向かいました。終わり。

f:id:titantatami:20201002213940j:plain